小児肥満とそれによって引き起こされる健康被害や病気



豊かな先進国となった日本、国民の多くは毎日十分な栄養を摂取しています。また、レベーターやエスカレーターなどの自動の機械により、運動量は昔に比べて減少しています。というわけで、日本にも小児の太り過ぎはたくさんあります。


その基準は、日本小児内分泌学会によると子供の場合で肥満度15パーセントは太り気味、20パーセントでやや太り過ぎ、30パーセントで太り過ぎとされています。子供の肥満は15歳だと13.5パーセントもいるそうです。


ではその原因はなんでしょうか。子供の場合、その多くは食生活や生活習慣の乱れによるものです。
ファーストフードやレストランで食事をすませていたり、睡眠時間の問題やストレスが原因のこともあります。
また、外遊びができる環境が無いといった、社会的な問題もあります。


これらは大人になっていくにつれ、様々な病気にかかりやすくなるなど健康面での心配があります。
それらを防ぐためにもまずは規則正しい生活習慣を身につけることが大切なのです。
ほおっておくと怖い、子供の太り過ぎには注意したいものです。

◆abogmolina.comオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト